しこりになったニキビ跡を消す方法

ニキビ跡というと、赤みなどの色素沈着やクレーターのような肌の凹凸が想像されますが、ニキビの炎症が酷い場合、しこりのようなものが肌に残る場合があります。見た目にはニキビ跡のようには見えず、痛みもないため放置してしまいがちですが、しっかりと治療をしなければしこりは消えずに残ったままになってしまいます。

 

しこりタイプのニキビの特徴

 

ニキビの症状が酷くなり、ニキビのあった部分にしこりのような固さが残るのが特徴です。痛みもないため気付かない場合が多くなります。

 

しこりタイプのニキビの原因

 

ニキビの炎症により化膿が発生し、その化膿が肌の奥深くまで進んでしまうと発生します。皮膚細胞が傷ついた細胞を治すために異常再生してしまった余りの細胞が原因で、それが固くなるとしこりができてしまうのです。

 

しこりタイプのニキビ跡の治し方

 

しこりタイプのニキビ跡はクリニックでの治療法が有効です。個人で治療することは難しいので、気付いたらすぐにクリニックへ行きましょう。しこりタイプのニキビ跡の治療法は、ステロイド注射とレーザー治療の2つがあります。ステロイド注射は患部にステロイド剤を注射する方法です。花粉症の治療にも使われています。

 

ステロイド剤が多すぎると患部が陥没してしまう場合があるので、治療を受ける際は注意が必要です。レーザー治療は患部にレーザーを当て、コラーゲンの再生を促します。コラーゲンを増殖させることで患部を修復させることができます。完治までに何度かクリニックへ通う必要があるので、レーザー治療を受ける場合は自分の通いやすいクリニックを選びましょう。